記念の指輪を自作する|手作りの婚約指でサプライズ|未来の花嫁に向けて

手作りの婚約指でサプライズ|未来の花嫁に向けて

男性女性

記念の指輪を自作する

指輪

思い出に残る指輪が作れる

結婚式に、手作りの結婚指輪を用意するカップルが急増中です。なぜ記念のリングを手作りする傾向があるかというと、ひとえに良い思い出が残るからでしょう。購入したリングでは、せいぜい買い物をした時の思い出が残るだけです。それもまたかけがえのない思い出でしょうが、手作りの結婚指輪はそれ以上の思い出が残せます。制作する際に工房に通ったり、デザインや作る過程で悩むのは手作りの結婚指輪ならではです。さらにこれを二人で作ったとなれば、独身最後の共同作業の思い出も残せるでしょう。なにより手作りの結婚指輪は誰にでも贈れる物ではありませんし、もらえるものでもありません。そんな特別な贈り物をもらった喜びは、新郎新婦の記憶に一生残る物となるでしょう。

作り方次第で時間がかかる

手作りの結婚指輪が良いものだとはわかっていても、状況によっては利用できないこともあります。たとえば手作りで結婚指輪を一から作るとなれば、それだけ時間を多く使います。仕事をしながらジュエリー工房に通い、デザインの選定から仕上げまですべて行うのは難しいはずです。特にギリギリの日程で手作りの結婚指輪にチャレンジしている方では、結婚式まで間に合わない可能性もありえるでしょう。もしスケジュール的に間に合わない場合は、デザイン画だけですませるプランもあるので大丈夫です。これならよけいな時間を使わずに、すべてジュエリー工房に指輪作りの過程を任せられます。デザイン画だけとはいえ、これも立派な手作りの結婚指輪といえます。作るための時間をショートカットしたい時は、迷わずこちらのプランで指輪を作成しましょう。